エッセ改造記録
閲覧数:2,020
TOP > 取付パーツ > 電装系(ホーン) > MITSUBA > プラウドホーン

MITSUBA「プラウドホーン」

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

取り付け手順

  1. 配線キットがないので、アース用とホーンボタン用の2つ配線を用意する必要があります。まずは、ホーンボタン用からです。画像のようなスピーカー用端子(オス)があれば、純正の線を切らずに信号を取り出せます。反対側には、2分岐用のギボシ(メス)を付けます。

    分岐線 純正線と接続
  2. ホーン側に挿す端子を2つ作ります。ホーン側はスピーカー端子(メス)が使えます。反対側にギボシ(オス)を付けて、先ほど作った2分岐ギボシ(メス)に挿し込みます。

    ホーン線分岐
  3. 次に、アース線を分岐します(やり方は同じです)。この白い絶縁カバーを付け忘れると泣くのでご注意を…(苦笑)。(圧着後には付けられない)

    アース分岐
  4. こちらも先ほど同じように、リード線にスピーカー端子(メス)とギボシ(オス)を付けて、2分岐ギボシ(メス)に挿し込みます。

    配線作り 分岐ギボシ接続
  5. 出来た配線を、ホーンに挿し込みます。ホーン1つに対して、アース(−)とホーンボタンの配線(+)を接続します。

    接続1 接続2
  6. 後はバンパーを元に戻せば完成です。…が、微妙に干渉し、うまくはまりません[しくしく]

    干渉
  7. 一応、ステーを曲げて裏返しにすれば、なんとか収まります(説明書では曲げ禁止と書かれているので注意)。

    ステー曲げ 裏返し
  8. この状態でも問題はないのですが、雨風で故障しそうだし、空気の取り込みを妨げている気もするので、次のページで手直した状態を紹介します。

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「電装系」の関連ページ

More

人気記事

More



back  home