エキマニ交換完了!

| コメント(9) | トラックバック(0)

まあ、こんなもんかな?

昨日、エキマニを交換して、今日は動画撮影など、いろいろやってました。

まずは、エキマニ(Jworks製)の取り付けの様子から。

道具は以下を使いました。

・ソケットレンチ(10/12/14mm)
・ディープソケットレンチ(12mm)←あればベスト(なくてもなんとかなった)
・ソケットレンチ延長アダプタ
・メガネレンチ(10/12/14mm)
・マイナスドライバー
・モンキーレンチ
・プライヤー
・CRC556

バンパー外し

とりあえず、邪魔なバンパー外します。(外し方は、ホーン交換やストレーキの取り付け時に紹介しているので省略(^^;)

O2センサー

O2センサーを外します。
一応、専用のソケットを持っているのですが、上部の鉄板に当たるので、モンキーレンチを使用して緩めました。(しくしく)

カプラー

O2センサーのカプラーを外します。

固定クリップ

O2センサーの固定クリップみたいなやつが曲者で、圧着されているので、マイナスドライバーなどを隙間に突っ込んで、広げます。

固定クリップ2

クリップが3mmほど広がれば、コードが取れます。

遮熱板

遮熱板のネジを3本外せば、遮熱板が取れます。(狭いのでぐちゃぐちゃになります(^^;)

エキマニボルト

エキマニを固定しているボルトとナットを計4本外します。

CRC556

ネジがスムーズに取れるかが肝なので、ネジ類にはすべてCRC556をたっぷり塗って緩みやすくしておきましょう!

ナット

でも、このナットに普通のソケットを差し込むと、エンジンから突き出たボルトに当たり、しっかりと差し込めません...。

ディープソケット

しかも、12mmのディープソケットがなく、14mmしか持ってなかったので、ホームセンターへの買い出しフラグが立ちました。(T_T)

ソケット半挿し
ソケット全体

でも、エキマニ購入で散財したので、ソケット代も惜しい!
...ということで、ダメ元でソケットを半挿しにして回したら、ナットを緩めることに成功!

ちなみに、社外エキマニはフランジが分厚いので、普通のソケットでも締め込めます!

フロントパイプ側

フロントパイプ側のネジも緩めます。ここは14mmでかなり固いです。
エキマニが動くと力がかからないので、先に軽く緩めておいた方が、よかったかもしれません(^^;

金具外し

エキマニ下側の固定金具も外します。(エンジン側に刺さっているボルトも外す)

ジャッキアップ

フロントパイプが落ちると思って、ジャッキで支えておきましたが...。

上がった

逆に、エキマニを外すと上に3cmほどポップアップしました(笑)。

ガスケット

お金がないので、ガスケットは再利用します。
(錆びてきているので、出来れば換えたかったが)

フロントパイプ側ガスケット

フロントパイプ側のガスケットも再利用ですw
(ボルトも含めて全部新品にすると5千円らしいです(^^;)

比較

定番の純正と社外品の比較です。
純正の方が全体的に大きく見えますが...。

純正パイプ内

パイプ内が酷い仕上がりですww
(コントラスト差が激しくて、内側画像を撮るのが難しかった)

社外パイプ内

社外品は段がなくスムーズです。

ナット固定

後は逆の手順で取り付けるだけですが、タコ足がうねっているので、画像の場所にソケットが入りません。

しょうがないので、メガネレンチで地道に絞めますが、4か所均等に絞めていく必要があるので、工具を持ち替えるのが面倒でした。

O2センサー

エキマニとフロントパイプの固定が終われば、あとはO2センサーを固定するだけですが、位置が純正より遠いので、そのままでは届きません。

コード

こんな感じで青いコードをフリーにすれば、ギリギリ届きますが、カプラーを樹脂部分から引き抜かないとだめです。

カプラー抜き1

カプラー抜き2

なかなか抜けないので、意外と苦労するのですが、爪を潰すイメージでプライヤーで摘まんで、グリグリしていたら外れました。

斜めっている1
斜めっている2

全部固定が終わりましたが、フロントパイプの繋ぎ目が斜めなのが気になってしまいました。
エキマニのネジを一旦緩めて、ネジ穴の分だけ微調整したのが、下の画像です。
右のボルトの露出量が2mmほどずれたかな?...程度で、根本的に直りませんでした。
(まあ、BEFOREの段階で斜めだったので気にしないことにします)

完成1

そして、無事取り付けが完了しました!
エキマニのうねりと、ステンレスの鮮やかさが眩しいですね!!
(かっこいい)

エンジンルームから

エンジンルームから見るとこんな感じです。
覗き込むと見えるので、知らずに見て、気が付いた時のインパクトはあると思います。

エッセ(裏技撮影)

完成したエッセが少し凛々しくなったような気がします!
...っていうか、実はかっこよく撮影できる裏技を使ってます。

エッセ君(通常撮影)

普通に撮影するとこんな感じの画像になりますよね?

撮影距離

実は1枚目の画像は、こんなに離れた場所から3倍ズームで撮影しました。
ただ、これだけで車の本来の形が正しく撮影できるらしいです。
(近くで撮ると中心から遠い部分が歪むらしい)

確かに、今までしっくり来た画像は背景中心(遠め)で撮影して、エッセだけくり抜いたものが多かった気がします。

あ、脱線しましたが、エキマニのインプレです。

・音量は2~3db大きくなったような気がする
・音質はそんなに変わらない
・パワーは全体的に微妙に底上げされた感じで、「うわースゲー!」という感じではない (ちょっと調子が良いな程度)
・熱は結構出る。走っていれば問題ないが、夏の信号待ちは辛い。
 (涼しい夜の方がパワー間を感じる)
・排気ガスは純正より若干臭い(保安基準を満たしているだけで、純正並みの浄化性能はなさそう)

結論を言うと、良くはなるけど、10万円分の価値があるかというと微妙かもしれません。
エアクリとマフラーを交換して、さらにステップアップしたい人向けだと思います。

もっと抜けの良いマフラーだとレーシングサウンドが出るのかもしれませんが、車検が通らないと意味がないですからね(^^;

まあ、なんだかんだ言っても、NAチューンドのエッセに乗ってドライブすると楽しいですね~(^-^)

以下、動画です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanaso.lolipop.jp/mt/mt-tb.cgi/636

※コメントが表示されない場合、再読み込みを行ってください。

コメント(9)

こんばんは!自分はカメラにさほど興味はないのですが、何となくズームで撮った方がカッコよくなるような気はするとはひっそり思ってたのですが、本当にそうだたったんですね(驚
なんだかすっきりしました(笑

そうなんですよ。
もっと早く知ってれば…って感じです(^-^;

うちのごちうさ号より煩いですねww

空吹かし5000以上とかあまりやるとエンジン行きますよ(^^;

サーキットで走るのを見たいですね~

追伸
望遠側で撮影すると被写界深度の関係で背景がぼけやすくなるので注意です(^^;

おいらは写真の専門校出です(^^;;

いやいや、アレより煩いってことはないでしょう(^^;
うちのマフラーの84.5db(メーカー公表値)ですよww
多分、12SR純正より静かです(^^;;

サーキットは、脂が乗った今の時期に走っておきたいんですけどね~。
ローンが終わったら…って、その時期は劣化との戦いですねw

えっ?写真の専門校を出てるんですか?
一眼構えて設定をいじくっている姿を見たことないので、意外でした(^^;

すみません、検索に引っかかって拝見してたら気になることがあったので、老婆心ながらカキコいたします。
貴殿のエッセは『初回登録』は何年式でしょうか?
H22.4月以降でしたら、当該エキマニおよびこのD-Sportのマフラーは車検に通りませんのでお気をつけ下さい。もちろんそれ以前の登録でしたら全く問題ありませんので、お手数ながらこの内容は削除してください(指定工場での車検整備は引っかからないかも?ですが陸運局はNGです)。
なお、このメタル触媒は 車台によって 半年くらい経過するとエンジンチェックランプが点灯する事があります。触媒劣化という内容のエラーですが対策はありません。コレも「最終型」エッセでなければ多分つきませんので気にしないで下さい。

以上ご案内申し上げます。既知の内容でしたら申し訳ありません… 失礼いたしました。

コメントありがとうございます。
最終型の最後の年の車両ですので、話を鵜呑みにするとNGですね(^^;

メタルキャタライザー(触媒)の方は、証明書あるので大丈夫だけど、エキマニの方がNG(純正エキマニ+純正触媒+D-SPORTのみOK)という認識で合ってますか?
(ガス検の基準は平成18年位から変わってなさそうだし)

あと、エキマニで新規制対応…って聞いたことがないんですけど、上記が事実なら、H22.4月以降はエキマニや触媒が交換できないと言っているように聞こえます。

見た目がやんちゃな目立つスポーツじゃないので、そこまで厳しい目では見られないとは思ってますが、ちょっと不安になるコメントですね。(車検時に純正に戻すのが無難かな?)

ちなみに、エンジンチェックランプはミニサーキット6周で付きましたww
O2センサーの接触不良と思ってましたが、センサーに優しくないガスを出しているみたいですね(^^;<確かに純正より若干臭い

ネットにない情報ありがとうございました。
私が車検時にどうするか、乞うご期待をwww

カキコにご応答いただきありがとうございます。私が書いた内容についきましては、今読み返したら一部意味不明な内容が紛れ込んでおりましたので、整理しつつ再カキコいたます。

ガス検については、書類の添付で大丈夫なのですが、記載したとおりこのJ-Works製メタキャタはド最終型エッセにおいてはエンジンチェックランプがついてしまう事があり、当然付いた状態では通りません。なので物理的に消して通すか、検査中に運悪く点灯しない事を祈るわけですが、私の車両では簡単についてしまうため、純正触媒にて検査を受けました(J-Works側では2年前の時点では、この件については承知していないとの事でした)。
付いてしまう理由は、実はO2センサーがド最終型エッセのみ品番が異なることから、センサーの精度が上がりコンピュータも書き換えられた可能性が考えられます。よりクリーンな排ガスを目的としたと思われますが、そのせいでこのメタキャタの性能では不充分で車両によっては付いてしまうと想像しています(勿論排ガス規制値はクリアしててもコンピュータが×と判断する)。

問題はD-Sportのマフラーですが、H22年4月にマフラー騒音規制が変更され、仰る通りH22年4月以降登録の車では問答無用で通らなくなりました。排気音量がデカいのではなく、品番17400-B150に打刻してある「JBt」の記号とエンジン型式KF-VEとの組み合わせそのものがNGの様です。これは「加速走行騒音防止性能」基準ってのが追加され、上記はその認定を受けていないからだと思われます。
ところがこの件を知ってる整備工場やディーラーサービスですら知らない人も多く、私の場合は極めて厳しい検査役人に運悪く引っかかってしまった訳です。
勿論上記に適合する様にJASMAの認証を受けた他社製品もあるかも知れません。

と言う訳で、検査時は特に何もしなくても良いかもしれませんが、純正が宜しいかと思われます(←あまりヘンテコな言い方ができません、お察しいただけると助かります…)。

反応が遅くなりすいません。

なるほど、そういうことなら、うちのエッセは問題なさそうです。(今のところ)
私が着けているD-Sportのマフラーは新規制対応版の「バージョンII」です。

問題はエンジンチェックランプ問題ですね…。
車検時期に点灯が頻発するようであれば、純正に戻したいと思います!

コメントする

次(未来)のブログ「エッセでサーキット走行!」。 前(過去)のブログ「エキマニが来たが...」。

このブログ記事について

このページは、YANASOが2017年5月21日 16:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前(過去)のブログ記事は「エキマニが来たが...」です。

次(未来)のブログ記事は「エッセでサーキット走行!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。