子供部屋をDIYで仕切る!

安く済んだが大変だった(^^;

上の子供が10歳になったので、子供部屋を間仕切ることにしました。
あと、子供が親と寝ていると大人が仲良くできませんからね~(恥)。

本格的な壁を大工に頼むと10~15万円かかるらしいので、自分でやってみることにしました。

骨組み

材料は、以下です。

  • 2×4の角材 (柱用)
  • 1×4の角材 (棚板用)
  • ディアウォール 2x4 上下パッドセット
  • ディアウォールの棚板受け
  • プラスチック段ボール
  • 両面テープ
  • ネジ×100本

工具

  • ジグソー (電動ノコギリ)
  • 電動ドライバー
  • メジャー
  • えんぴつ
  • 紙やすり

ディアウォール

柱はネジ留めせずに、ディアウォールと言うバネの入った突っ張り棒的な物で固定しました。(賃貸マンションなどで、壁際に棚を作る場合に使うようです)

2×4のカットは、長さ調整が難しく、ピッタリ突っ張る状態にするのに苦労しました。(1本切り過ぎて無駄にした(T_T))
お店でカットしてもらうという選択肢もありますが、最初の1本目を現物合わせしてから依頼しないと、全部サイズが合わないと言う悲劇になるかも?

あと、棚板は枚数が大量に必要なので、電動工具がないと厳しいです。(手動でも出来なくはないが腱鞘炎になりそうw)

プラダン

壁は、貧乏人の味方「プラスチック段ボール」です(^^;

安い以外にもそれなりの理由もあります。

  • ディアウォールで本格的な壁を支えるのは不安
    (基本的に棚用で仕切り用ではない的な説明が書いてある)
  • エアコン(空気)が間仕切れれば良い
    (音と光はそれほど気にしない。女の子2人なので)
  • 子供部屋として使うのは、10年位で、後で戻したい
  • 加工が容易で、両面テープで貼り付けられる
    (天井と床付近が複雑な形なので、切るのが難しい)

棚

壁は交互に貼り付けて、凹んだ部分は棚として使えるようにしてあります。

音、光、エアコンなどで問題があれば、後から両面壁にすれば、改善すると思います。

ここまで簡単に書いてますけど、採寸して、切って貼ってを繰り返して、シルバーウィーク(5連休)をほぼ使い切ってます(^^;
# リビングにあった家具の移動なども含む(こっちの方が大変)

寝室

勉強部屋

部屋は、片方を寝室。もう片方を勉強部屋という感じで、用途で分けました。

理由は、女2人で仲が良いというのもありますが、夏場にエアコンをかけた時に1つの部屋に居た方が電気代が安いからです(^^;。

中学生くらいになったら、1人1部屋にしようかなと思ってます。

棚

カットに失敗した2×4の角材が余ってしまったので、棚を作ってみました。
ただ、結局材料が足りずに買い足したので無駄な出費でしたw

空気清浄機

部屋は出来ましたが、寝室が2つになると、いろいろ電化製品も追加する必要があります。
画像は、空気清浄機です。(古いやつよりスタイリッシュで良いなぁ...自分が使いたい)

エアコン

奮発してエアコンも買いました。
南側と西に窓がある部屋なので、夏場の寝る時用が主な用途です。
(真夏と冬は、リビングで勉強すればいいだけ)

...ということで、6畳間用の安い物を入れました。
それでも、10年前の中級グレード並みの消費電力なので助かります。

かかった費用

  • 棚兼壁 2万5千円
    (ディアウォールの棚受けを大量に使ったため意外とかかった)
  • エアコン 2台 15万円+追加料金(1万円)
  • 空気清浄機 3.5万円

エアコン室外機は、騒音の少ない地面まで、延長して置いてもらいました。
カーポートがあるので、配管を6m(1台目)と10m(2台目)延長して貰い、追加料金が1万円強かかりましたが、音はまったく気になりません。
# 親(既存)のはベランダ置きなので煩い(T_T)

P.S.
なんだかんだで、ディアウォールの部品を割高なホームセンターで何度も買い足したので、今からやる人は通販で買った方がお得ですw。