Defiの油圧計の警告音(ブザー)を抑止する

解決方法があったのね?

油圧警告

油圧計って圧力が設定値未満になると、警告音が出るので、圧力がゼロになるエンジン始動前や停止後は、「ピーー」と耳障りな音がします。
普段は、一瞬なのでそんなに気にならないのですが、エンジンを始動せずにオーディオやナビを触りたい時にも警告音が鳴るので厄介です。
(普通は、オーディオ/ナビの電源からコントロールユニットの電源を取るので、連動して両方電源が入ってしまうのです)

ネットで解決方法を調べても、電源の配線を変える以外に方法はなさそうな情報ばかりでした。
しかし、ADVANCE ZDの説明書を熟読していたら、「指定回転以下で油圧ワーニングを出なくする設定」を見つけました。

見つけた瞬間、我慢できずに平日の夜に設定をしてみました(笑)。

ユニット取り出しユニットブザーOff

ブザーは、コントロールユニット側(以降、CUと略す)とZD側の2系統あるらしく、CU側はOff(無効化)にする必要があります。
これが一番面倒で、隙間からディップスイッチにアクセスできず、CUを取り出す必要がありました。

ディップスイッチは2つあり、上がブザーで、下がオープニング/エンディングモード切替です。
ブザーをOffにすると、BF(メーター)側の警告灯(赤ランプ)は付きますが、CU側のブザー音は消えます。

ZDセッティングモード

次にZD側ですが、ボタンを同時押しして、セットアップ画面を出します。

設定

以下を設定します

  • OIL PRESS WARNING LIMIT:500rpm (デフォルト3000)
  • DISPLAY WARNING BUZZER:ON (デフォルト ON)

WARNING無効WARNING有効

これで0~500rpm(エンジン未始動)ではブザーは鳴らなくなります。(画像1枚目)
OIL PRESS WARNING LIMITを「0RPM」にすると、CUと同様に油圧ゼロでブザーを鳴らすことも可能です。(画像2枚目)

ただ、アイドリングに合わせて油圧警告を設定すると「1.0」位にしなければならず、高回転で「1.0」だともうエンジンがアウトだと思います。
その場合、「3000RPM以上、かつ油圧4.0未満」(低粘度オイルのエッセだと3.0位かなぁ)で警告を出す設定などにすれば、エンジンが逝く前に停車できる可能性が上がります。
まあ、この辺は車の使い方次第なので、好みで合わせれば良いと思います。

動画も撮影したので、文章で分かり辛い場合は、こちらを見てください。