エッセ改造記録
閲覧数:9,627
TOP > 取付パーツ > 吸排気(排気) > D-SPORT > スポーツマフラー Type II

D-SPORT「スポーツマフラー Type II」

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

取り付け手順2

  1. まずはフロントパイプに付いている排気温センサーを外します。とりあえずコネクタを外してフリーにします。

    排気温センサー 排気温センサーカプラー
  2. これを外すにはO2センサーソケットという特殊工具(SST)が必要です。ソケットの横が空いており、排気温センサーの線を逃がすことが出来ます。

    O2センサーソケット1 O2センサーソケット2
  3. うちのエッセの場合、特殊工具を使ってもかなり固くて、ソケットを30cmほど延長してやっと緩みました。運が良ければモンキーレンチでも行けそうですが、固着している場合は歯が立たないでしょう。

    O2センサーソケット3 排気温センサー外し後
  4. 次にエキマニとの接合部分のスプリング付きボルトを外します。14mmのソケットで外せます。このボルトとガスケットは再利用するので慎重に外してください(年数が経っている車の場合、新品に交換する方が良いと思います)。

    バネネジ
  5. 次はいきなりリアのナットです。エッセの純正マフラーはフロントからセンターまで1本で繋がっています[汗]。12mmのソケットで外せます。

    リアボルト
  6. あとは、マフラーのゴムハンガーを3ヶ所外します。このゴムは再利用しないので、外すのが大変な場合は、CRC556(潤滑剤)を吹きつけて、ヌルっと外してしまっても構いません。下の画像は前→中間→後ろの順になっています。

    ゴムハンガー(前) ゴムハンガー(中) ゴムハンガー(後)

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「吸排気」の関連ページ

人気記事

More



back  home