マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:16,773
TOP > 取付パーツ > 内装(ハンドルボス) > WORKS BELL > エアバック対応ボス

WORKS BELL「エアバック対応ボス」

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ

エアバック警告灯が点滅!

取り付け後、1ヶ月ほど経過してから突然エアバック警告灯が点滅しはじめました。

(エアバック警告灯)

ただの接触不良だと思い、ステアリングホイールを外してチェックしてみました。 見た感じエアバックキャンセラーは少し抜けた程度で電気は通ってそうでしたが、 念のため針金(コードなどを束ねるやつ)で抜け防止策を施して元に戻しました。

しかし、警告灯が消えません(^^;。 点灯するとディーラーに行って故障診断しないと消灯できないとか聞きますが、 まさか自分の車がなるとは思ってなかったので、対処方を知りませんでした(^^;;。

調べてみると故障診断は、CONSULTという装置を使用する方法と、隠しコマンド入力する方法があるそうです。

故障診断モード

幸い家にマーチ(K12)の整備要領書(CD-ROM)があったので調べてみると、以下の方法でエアバックの診断ができることがわかりました。

  1. キーSW を OFF→ONする
  2. エアバック警告灯が7秒間点灯し消灯した後1秒以内にキーSW を OFFする
  3. キーSW OFF後3秒以上待つ
  4. 上記1〜3の操作をさらに2回繰り返し、合計3回実施する
  5. 再度キーSWをONにすると、ユーザーモードから故障状態モードに切り替わる

注意

  • 故障状態表示(点滅)が無いときは、故障状態モードになりません。
  • 故障状態モード時、システムが正常な場合、キーSW OFF→ONでユーザーモードに戻る

結果

故障状態モードで 点灯3秒 消灯2秒 が周期的に繰り返されれば、 故障が直ったと判断された状態であり、キーSW OFF→ONでユーザーモードに戻って警告灯が消えるはずです。 (うちのマーチは消えました)

違うパターンで点滅する場合は、別の故障が発生している可能性があるので、 ディーラーで見てもらいましょう(整備要領書にコード表が載ってますが全部は載せれない)。 故障表示になってしまった場合は、もう1度隠しコマンドを入力するとユーザーモードに戻ります。

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「内装」の関連ページ

More

人気記事

More



back  home