マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:15,642
TOP > 取付パーツ > 排気系(センターマフラー) > A'PEXi > CENTER PIPE

A'PEXi「CENTER PIPE」

全3ページ(  1   2   3  )  前へ  次へ

取り付け手順

  1. 今回は前後のボルトを触るので前後ともにジャッキアップします。
    フロントは油圧ジャッキが入らないので、片輪だけ純正ジャッキで上げると入ります。
    ジャッキアップポイントは画像(左)の通りです。
    リジットジャッキの位置は、サイドの台形になっているところです(右の画像)。
    (ジャッキ前) (ジャッキ横)
  2. リアも同様にジャッキアップして、リジットジャッキをかけます。
    (ジャッキ後)
  3. フロントパイプとの接合部分のボルトを外します(14mm)。
    (フロントネジ)
  4. フロントを外すとセンターパイプが不安定になってしまうため、一人で作業するのはつらいです。
    かといって手伝ってくれる人はいなかったので、純正ジャッキで支えてみました。

    この状態でマフラーハンガーを外します(画像は取り忘れました)。
    取れない場合は、CRCなどを吹き付けて、さらにマイナスドライバーなどを使って外します (CRCはゴムを痛めるので、ブレーキクリーナなどで油分を取ると良いそうです)。
    (センターパイプ支え)

  5. リアマフラーのボルト(14mmのボルトとナット)を緩めればセンターパイプが外れます。
    (リアネジ)
    (画像のセンターパイプは交換後のものです)
  6. 12SR純正との比較です。
    アペックスの方がよりストレートに近い感じです。
    純正もわりと悪くないレイアウトです(地面側が平らなので車高もかせげる)。
    (比較)
  7. 逆の手順でセンターパイプを取り付けます。
    一人で作業する場合は、純正ジャッキでフロントパイプを持ち上げながらボルトの位置を調整します (マフラーハンガーにかけてしまえば、こっちのものです)。

    リアのボルトは普通に締めるだけですが、 フロントのバネ付きのボルトは左右均等に締める必要があります。 また、このボルトは途中で止まるようになっており、 完全に締めてもフロントパイプとセンターパイプの間に隙間ができます。
    (交換完了)

  8. 最後に、取り付け後の地面とのクリアランスを確認。 純正より下がってフロントパイプと似たような高さになりました。 車高短派には厳しいかもしれません。
    (クリアランス)

全3ページ(  1   2   3  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「排気系」の関連ページ

More

人気記事

More



back  home