マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:41,459
TOP > メンテナンス > オイル交換(エンジンオイル) > エンジンオイル・フィルター交換

「エンジンオイル・フィルター交換」

全2ページ(  1   2  )  前へ

作業手順

  1. まずは、ジャッキアップします。
    ジャッキアップポイントは画像のとおりですが、 12SRは車高が低いためジャッキが入りません(T_T) (片側を純正ジャッキで上げた状態なら入ります)。
    (ジャッキアップ)
  2. 左のオイルフィラーキャップを外します。
    右は、オイルレベルゲージです(オイルを入れた量を確認するときに使用します)。
    (キャップ)
  3. ドレインボルトを緩めます(まだ完全に外さないでください)。
    (ドレインボルト)
    ※よくみると、オイルパンをHITした後がありますね (雪道でHITしたかな…、危ないなぁ)。
  4. ドレインボルトを手で回して、素早く外します。
    オイルが勢いよく出てきます。
    (排出中)
  5. 取り出したオイルです(くっ黒い…)。
    今回は取り出した量を確認するために、受け皿に入れました (約2.9リッター抜けました)。
    (排出後)
  6. オイルはオイル処理箱に捨てます。
    (オイル処理箱)
  7. 続いて、オイルフィルターの交換です。
    オイルフィルターは、インマニの下(エンジンの裏側)なので上からは届きません。
    下に潜る必要があります。
    (オイルフィルター)
    追記:右フロントタイヤを外すと、下に潜らなくても届くそうです。
  8. フィルターレンチを使用して、オイルフィルターを外します。
    間違ってもオイルフィルターの真下で外してはいません。
    フィルター内のオイルが出るので、オイルのシャワーを浴びます(^^;。
    また、350mlの缶ジュースくらいのオイルが出てきますので、
    オイルの受け皿も準備しておいた方がいいです (私は失敗してまき散らかしました)。
    (取り外し後)
  9. 新しいエンジンオイルを入れます。
    マーチの説明書によると
    オイル交換のみは2.8リッター
    フィルター交換で3.0リッター
    となっています
    (レベルゲージ確認)
    しかし、この値はエンジンオイルが完全に抜けきった値ですので、実際にこの量を入れると多すぎます (私は何も考えずに3リッター入れてしまいました(^^;)。

    オイルレベルゲージを引き抜き、量を確認します。
    L〜Hの間にオイルが付いていればOKです。

    うーん、入れすぎたようです(笑)。
    幸いオイルフィルターも交換しているので、しばらくエンジンを回して フィルターに行き渡るのを待ってみたところ、Hぎりぎりに収まりました。

    しかし、上記の方法ではフィルター以外の部分にもオイルが循環してしまい、 減ったように見えただけで、やはり多かったようです。 オイルの量の調整などについては、オイルの豆知識も参照してみてください。

感想

やっぱり自分でやるものじゃないですね。面倒です(^^;。 まあ、良い経験になりました。 今度、オイル交換を工賃無料でやってもらったら感謝すると思います。

次こそ、0W-30のオイルにしようっと…

全2ページ(  1   2  )  前へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「オイル交換」の関連ページ

人気記事

More



back  home