マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:6,703
TOP > 取付パーツ > 塗装(ドアノブ) > ドアノブ塗装

「ドアノブ塗装」

(2009/05/01)
マーチ(K12)のドアノブを塗装した時のレポートです。

はじめに

マーチのドアノブは、コスト削減のためか樹脂製です。ボディーが黒なのでそれほど気にならないのですが、機会があればボディー色に塗装したいと思ってました。

今回カーボンボンネットの塗装をする機会があったので、ついでに塗装してみました。

材料

  • ボディーペン(スーパーブラック N-215 #KH3)
  • ボディーペン(クリア)
  • シリコンオフ
  • コンパウンド極細
  • バンパープライマー
  • プラサフ
  • 耐水サンドペーパーセット(Mサイズ)
  • ヘクスローブレンチ(T-30)
※詳細はを参照してください。

手順

塗装の基本や手順などはドアミラーベースの塗装を参照してください。

  1. ドアノブの脱着には、ヘクスローブレンチ(T-30)が必要です。ドアを開けてドアノブの横辺りを見るとカバーがあるので、それを外せばネジが見えます(ネジは抜け落ちないようになっているので心配しなくても良いです)。
    ヘクスローブネジ穴
    引抜ドアノブ達
  2. 塗装する部分を紙やすりで研磨します。表面のざらざらを取らないと塗装してもツルツルになりません。ただ、今回は時間がなかったので手抜きです(^^;。
    あと、樹脂は塗装を弾き易いのでバンパープライマーなどを吹いて、塗装を付き易くしておきます。
    足付け
  3. どうやって全面に塗装しようか悩んだあげく、物干しざおに吊るして見ました(笑)。スプレー噴射でクルクル回るのでやり難かったです(失敗(^^;)。
    吊るし
  4. バンパープライマーを吹いたので、プラサフは別に必要じゃないんですが、ボンネットに吹いたついでに吹いてみました(色のりが良くなるらしいけど、黒だとあまり意味はないかも?)。
    下地1下地2
    失敗しました(苦笑)。研磨でついた水が隙間に残っていたらしく、吊るしていたら水が垂れてきました(^^;。
    下地失敗
  5. 下地が出来たらあとは、ボディー色でプシューっと塗って、乾いたらクリアをスプレーするだけです(なんとも適当で画像もあまりないです(^^;)。スプレーの噴射範囲より対象物が小さいので塗るのは楽です。
    塗装1

完成

完成完成アップ

手抜きだらけなので、出来はいまいちです(^^;。いまいち光沢がないし、塗装垂れてるし、色が剥げているところもあるし…やっぱり手抜きはいけませんね。

一応、樹脂の白っぽさはなくなったのでOKとしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

種別「塗装」の関連ページ

人気記事

More



back  home