エッセ改造記録
閲覧数:7,125
TOP > 取付パーツ > 外装(空力) > 自作 > フロントストレーキ

自作「フロントストレーキ」

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

取り付け手順2

  1. ストレーキの前に、フロントリップを加工して、ディフューザーっぽくします(笑)。材料はお金がないので、プラスチック段ボールです[汗]。耐久性を考慮すると、もっと良い材料の方が良いと思います。

    ディフューザー仮あて
  2. 固定は、車両前方は風を受けないリップの内側なので、強力両面テープのみです。

    両面テープ
  3. 後方側は、純正フロントバンパーの固定ネジと共締めし、中央部分は既存のネジがないので、穴を空けてボルト2本で固定します。

    固定1 固定2
  4. 次はストレーキの取り付けです。いきなり完成画像ですが、タイヤハウス内にアルミステー+ボルト4本でしっかり固定しました。

    ストレーキ固定1 ストレーキ固定2
  5. こんなところにボルトを入れる穴ないよ?…っと思った方、正解です。アルミのインサーナットを打ち込んで、固定場所を確保しています。

    リベットナット1 リベットナット2
  6. インサーナットを打ち込むには、画像のような仰々しい道具が必要です。もう少し小さいタイプもあるんですけど、前の車でM8ナットを打ち込むために買った物です。

    ハンドリベッター
  7. 発砲塩ビとアルミ板の固定は、リベットナットを使いました。金槌で反対側を潰すと固定できます。反対側にボルトが飛び出さないので、スマートに固定できます。

    アルミ部分
  8. 取付後のストレーキの飛び出し具合はこんな感じです。

    はみ出し具合

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「外装」の関連ページ

More

人気記事

More



back  home