TE37&MOMO

やっぱり、これがしっくり来るわ~!

[IMG]箱

8月頭に仕込んでおいたネタが到着しました。

[IMG]TE37とMOMOレース

TE37ブロンズ(15インチ)と、MOMOレースです!!
この組み合わせは、マーチ12SRと同じパターンです。
どうも、車をいじるパターンは、車種に関係なく同じみたいです(笑)。

なぜ交換するかと言うと、そろそろタイヤ交換の時期だからです。
エッセを買った時から、ターボ化したら15インチのTE37ブロンズ(5J +45)に扁平55%のタイヤと決めていたのですが、ターボ化は無理っぽいので、クロスミッション化のみでぶち込んでみます!<オーバースペックなのは認識済み(^^;

支払いは、クロスミッション化のローンと重なるので、5~7千円位の長期ローンを組みました...ww
もう限界です(やばいです)。(爆)

[IMG]TE37重量

ホイール単体重量は、以下の通りです。
15インチ 5J TE37が4.1kg
14インチ 5J CE28が3.5kg
13インチ純正鉄チン 推定4.0kg前後?(5,000km走行純正タイヤ付きで9.4kg)

うーん、CE28ってやっぱり軽いんですね~。
ところで、TE37って15インチで3.7kgなのが由来じゃなかったっけ?これじゃあ、TE41!?

昔より、タイヤグリップが上がったので、3.7kgじゃ剛性が足りなくなったんでしょうかね~。
まあ、15インチの中では軽量なのは間違いないので、良いんですけど。

[IMG]ステアリング比較

タイヤが届いてないので、まずはステアリングから交換します。
既に社外品が付いているので、6本のビスを外して、入れ替えるだけです(簡単!)。
モモステは350φです。

[IMG]ステアリング比較(拡大)

安物(0.5万円)と、ブランド物(1.6万円)の比較です。
もう、革の質感に雲泥の差があります!
安物はウレタンに毛の生えたほどの手触り、モモステは手に馴染んで高級感があります。
持ち手部分は、パンチング素材になっており、ベトベトしません。

[IMG]安物ステアリング

極めつけは、金属部分の塗装ですね。
安物は日光で色あせて薄くなってしまいました。(ホーンボタン部分と色が違う)
5千円にしては、悪くないと思っていましたが、安物は使い捨て、モモステは10年以上使えるので、トータルコストはブランド物の方が良いかもしれませんね。(ホイールも同様)

[IMG]MOMOレース装着後1

装着完了です!
いいですね~。この質感は。(^-^)

[IMG]MOMOレース装着後2

正面から見るとこんな感じです。

[IMG]ハンドルスペーサー

ステアリングの距離は、10mmの角度調整スペーサーを入れて丁度いいです。
ウインカーにも指が届きます。
(短足が前提なので、足の長い人はもう少し延長しましょう(^^;)

[IMG]スペーサー

ただ、運転してみると高さがしっくりこないので、高さ調整用のワッシャー減らして5枚程度にしました。(純正比 -2~3cmダウン程度?)

[IMG]カバーの隙間

カバーを戻すとこんな感じです。下げ過ぎて空いていた隙間がなくなりました。
これで、10時10分の位置を自然に握れるようになりました。

[IMG]タイヤ到着

数日後、タイヤが届きました。物は「POTENZA Adrenalin RE003」(165/55R15)です。
最初はアルトワークスと同じ、RE050を買おうと思ったけど、NEOVAが買えちゃう値段だったので止めました(^^;。

...というか、ホイールは自腹で買いましたが、タイヤは家計で買ってもらうので、予算は4万円が限界です。
それに、15インチだけでもオーバースペックなのに、NEOVAまで入れると、パワーやボディーが完全に負けます(^^;

なので丁度良いのを探していたら、ポテンザでちょいスポーツ系という非常に魅力的なタイヤがあるとわかったので、これにしました。(価格も1本8千円位で予算内です)
扁平率を55%以下にしないと選べないタイヤという点も、車好きの心をくすぐります!

[IMG]タイヤ重量

タイヤ重量の比較

・DNA Earth1 155/65R14 5.6kg
・DNA Earth1 165/55R14 6.0kg
・POTENZA Adrenalin RE003 165/55R15 6.4kg

ホイールとトータルで結構な重量アップ...走りは大丈夫かな(^^;

[IMG]組み付け後

ホイール組み付け後です。既にかっこいいオーラが出てますね~(にや)。

ただ、いつものロードスター(カー用品店)に行ったら、持ち込みの工賃が高くなっており、通販で購入したメリットがあまりありませんでした。(T_T)
走り屋だらけのショップ(^^;なので、腕は良いのですが、オートバックス並みに(?)高いのは困りました。(次からどうしよう)

[IMG]拡大

「TE37 KCR BZ EDITION」は光沢は少なめで、渋い感じになってます。
ブランドロゴは、シールではなく彫り込んであります。
さらに、ホイールキャップが標準装備です。(RAYS歴は長いけどキャップ付きは初めて!)

[IMG]新旧比較

古いタイヤ(2万5千kmほど走行)との比較です。
単体で見ると、まだ履けそうだと思ってましたが、新品と比べると溝がないですね(^^;
ドライ性能は落ちてませんが、ウェット性能は体感できるほど落ちてきたので、この辺が丁度良い換え時だったようです。

[IMG]フロントタイヤ

心配だったフロントのはみ出し具合ですが、車高を落としているので全然問題ありませんでした。
かっこいい感じで収まっています!

[IMG]リア

リアは引っ込みすぎですね。
まあ、歴代のどの車種もこんなもんなので、放置です(^^;

[IMG]タイヤ幅

タイヤ幅は10mm増えただけなので、ほとんどわからないですね。
タイヤパターンは、内側で排水して、外側でグリップさせるらしいです。
BSは、左右非対称パターンが好きですね。

[IMG]記念撮影1

さっそく、山に登って記念撮影!
...あれ?日陰でブロンズだとホイールが見えない(苦笑)。
このホイールだと日向からの撮影が必須のようです(^^;

[IMG]記念撮影2

スバル系ブルーだとブロンズが似合うのはわかってましたが、水色でもなかなかカッコよく決まりますね!!

[IMG]真横

真横です。やっぱり扁平55%になるとスポーティーで良いですね~。
あと、やっぱりブロンズの方が、見た瞬間に「RAYSじゃん!!」ってわかるのが良いです!
黒塗装でダイアモンドリムだと、似たような安いホイールがあるので、本物感がないのが不満でした。

[IMG]記念撮影3

ブロンズで光が当たるアングルだと、こんな感じが良さげです。
(ダイアモンドリムは、日陰でも目立つのがメリットだったかも?)

走りの方は大きなデメリットを感じるほどではありませんが、低回転域で若干もっさりしたような気もしなくもありません(^^;。<気にならないレベルですが
ロードノイズやグリップ力など細かい部分は、評価できるほど走ってないので不明です。

これで、定番パーツ(以下)が揃ったので満足です(^-^)

・TE37ブロンズ
・BRIDE セミバケ(2脚)
・MOMOレース
・Defiのメーター