ノート NISMO S改造記録
閲覧数:106
TOP > 取付パーツ > 内装(シート) > BRIDE > EUROSTER2

BRIDE「EUROSTER2」

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

取り付け手順

  1. シートレールを説明書通りに組み立てます。レールの上に乗せる鉄板をM8キャップボルトとナットで固定します。六角レンチとソケットレンチ(10mm)で挟み込むようにして締め込みます。

    レール組立1
  2. シート付属のボルトでシートとレールを固定します(ここでも六角レンチを使用)。レールの鉄板の距離を微調整しないとちゃんと固定出来ないので結構イライラします(苦笑)。

    レール組立2
  3. 純正シートを一番後ろまでスライドします。

    純正シート前側
  4. ボルトの形状が特殊(海外向け?)なので、トルクスレンチ T-50(新規購入[汗])を使用して外します。この場所であればソケットレンチも使えますが、なんと16mmという規格外サイズなので厳しいです[汗]

    T50ボルト拡大 T50レンチ
  5. シートを一番前までスライドして後ろのボルトも緩めます。左側がレールの内側に埋まっているので、トルクスレンチ T50以外では緩めることが出来ません。

    純正シート後側 T50必須箇所
  6. 純正シートを持ち上げて、シートベルトセンサーの固定具をプライヤーなどを使って外します。

    注意点ですが、この時シートを斜め後ろに跳ね上げてはいけません!シートの後ろにあるピンがフロア下の穴に刺さっているので、真っすぐ上にピンを抜かないとフロアの穴が歪みます。(残念ながら少し歪んでから気が付いた…orz)

    純正シート撤去 穴 ベルトセンサー
  7. 純正シートを慎重に車外に取り出します。(心配なら金属部分にクッションなどを巻いて保護しましょう)

  8. 純正シートと社外品の比較画像です。レールの高さなどの違いはありますが、純正がかなり前上がりなのがわかると思います。

    比較1 比較2
  9. シートベルトキャッチャーのボルトを14mmのソケットレンチで外します。

    シートベルトキャッチャー
  10. シートベルトセンサーのカプラーをシートから外します。

    シートベルトセンサー外し1 シートベルトセンサー外し2

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

レポートの移動

スポンサーリンク

関連ページ

種別「内装」の関連ページ

人気記事

More



back  home