マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:103,512
TOP > インプレッション

インプレッション

(2004/04/03)
マーチ(K12) 12SRの購入の動機と、購入後のインプレッションについてです。

全2ページ(  1   2  )  次へ

出会い

マーチ 12SRに最初に出会ったのは、2003年11月頃の日産「羅針盤」(会員向けメール)の情報でした。

基本的に、マーチは形が好きだったのですが、どうみても女性向けの車にしか見えなかったため、 スポーツタイプが出るまで放置しておこうと思いました。 そして、忘れたころにスポーツタイプがデビューしたとの情報を入手しました。

(12SR前期)(12SR中期)
(12SR後期)
前期型、中期型、後期型の順
※画像は公式HPから引用

標準車からの主な変更点は以下の通りです。 詳細は日産のカタログバックナンバー(前期型 - 中期型 - 後期型)を参照してください。

  • 1.2リッターチューンドエンジン(専用ピストン・ハイカム・コンピュータなど)
  • 専用エキゾーストシステム(中間+出口、中・後期型ではさらにステンエキマニ付き!)
  • フルエアロが標準装備
  • 2cmローダウンされ引き締められた足回り
  • ボディー補強
  • 専用アルミホイール&ポテンザ RE-01(前期) RE-01R(中・後期)(185/55/15R)

見てわかるとおり、かなり気合がはいっておりなかなか良さそうであった。 しかも、マニュアルしか設定がないという硬派なところも気に入った!(中・後期型には1.5リッターCVTがあるけど)。 でも、所詮1.2リッターNAだし、エンジンパワーも大したことがない(前期は108ps、中・後期は110ps)し、不安もありました。

ちなみに、その当時乗っていた車はシルビア(S15)のオーテックバージョン(2リッターNAチューンド)であった。 同年に結婚し、真冬のシルビアの辛さ(雪で家の車庫まで辿り着けないことが多々あった)と、 維持費の高さなどが気になっており、経済性がよくて、それなりにスポーティーな車を探していた ところであり、マーチは条件にピッタリでした。

情報収集

それからは、マーチ 12SRの情報を集めるべく、インターネットを散策する…。 しかし!情報がまったくない(その当時は発売間もないため、個人のホームページなどはなかった)。

仕方がないのでライバル車をチェックしてみた(2003年の話なので役に立ちません(^^;)。

車名 コメント
ヴィッツ ターボ付きはなかなかじゃじゃ馬っぽくて良かったが、 買ってからのチューニング代がかかりそうなので却下(ベース車も高い)。
フィット この当時はMTがなかったので即却下(TypeRが出るまで待てない)。
デミオ スポーティと言いつつ普通車っぽいので却下。車重が重いのが気になる。
スイフトスポーツ 走りはなかなか良さそうでしたが、3ドアしかなかったので却下。
マーチ 車重が軽い(初期型は5doorで930kg!)。
エンジンが1.2リッターだが、ライバル車の1.5リッターと遜色がない。
タイヤがRE-01で度肝を抜かれた(市販車でありなのか!?)。
内装がクールでかっこいい。
維持費とチューニング代が安そう。
見た目が好き。

ということで、マーチに決定しました(奥さんはATを希望していましたが(^^;)。

購入

購入を決めたのが、2004年1月末である。

シルビアを購入した時と同じ担当の人にお願いして、見積もりを出してもらった。 ベース車は150万円強ですが、必須アイテム(電動格納ミラープライバシーガラス)などが オプションになっており、それらを付けると結局200万円(税金・諸経費込み)近い出費になる。

さらに贅沢品としてキセノンヘッドランププラズマクラスターエアコン を装着した結果、マーチとしては異常な200万円オーバーとなった (我が家では高級マーチと呼んでいる(^^;)。

なんだかんだ言っても、購入後の維持費はシルビアの半分ほどなので、 多少高いが購入することになった(シルビアの下取り価格も、そこそこあったし)。

実際に契約したのは、2月上旬でした。 2月末には納車されるとのことで、そのまま家に帰りました。

……それから、数日後……(この数日が長い)

全2ページ(  1   2  )  次へ

スポンサーリンク

人気記事

More



home