マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:36,586
TOP > フォトギャラリー > マーチ(K12 前期型) ノーマル

マーチ(K12 前期型) ノーマル

(2007/02/12)
代車で乗ったマーチ(K12 前期型) ノーマル車の画像です。12SRとの違いも説明します。

外観

(フロント)

かわいらしいノーマルマーチちゃんです。走りの雰囲気はまったくないです。 奥さんにも試乗させてみたくなります。シルバーだと何気にフロントグリルが同色に近くていい感じです (12SRは黒のグリルなので…)。

この車は見た目で欲しいと思ったら買いの車です。 かわいいと思えれば多少機能面でライバルに負けていても気になりません。

(リア)

リアビューです。マーチに乗りたての頃は前と後ろの印象がまったく違うため違和感があったんですが、 最近はリアビューのこの角度からの絵が好きになりました。 どのメーカーにもない独特のおしりが素敵です。

(ドア)

サイドビューです。この車はインテリジェントキー(鍵なしでエンジン始動する機能)が付いているので、 ドアハンドルがボディーと同色です(多分)。普通は黒の樹脂製のドアハンドルが付いているはずです。

(ポール)

コーナーポール(?)が付いていました。何気にこれは車幅がすごくわかりやすくて良いです。 でもスポーツ志向の12SRにはかっこ悪いかな(笑)。 マーチは運転席で見るよりも車幅があるので、ドアを擦りやすいです(やっちゃった経験あり(爆))。 ウィンドウから下がもっこり膨らんでいるので錯覚しやすいです。 そういう意味で運転が苦手な人には、このポールはお勧めです。

(低排出ガス)

12SRには付いていない低排出ガス車のステッカーが貼ってあります。税金などが優遇されるそうです。 12SRには関係ない話です(^^;

(リアスポ)

おとなしめのリアウィングです。ウィングと言うよりはボディーと一体化してます。

(マフラー)

マフラーはドルフィン形状の極細マフラーです。

内装

(内装全体)

よく見る標準仕様の内装です。明るい感じでほのぼのドライブをしたくなる雰囲気です。12SRとは対照的です。

シートは12SRと比べるとふわふわしており感触はいいのですが、 長時間ドライブでは腰が痛くなりそうです。 個人的には街乗りレベルでも12SR純正シートの方が快適(疲れないという意味)だと思いました。

(メーター)

オートマチック(AT)車なのでタコメータも何もありません。というか前期型はマニュアル(MT)でもタコメーターがなかったみたいですけど(^^;

(ステアリング)

ハンドルは普通に乗る分には違和感なくドライブできます。 ちょっとでかいので早めの切り返しとかはし難いです。ハンドルは超軽いです。

(ATレバー)

4速オートマチックです。 燃費重視の傾向があり加速中にすぐに3速に入ってしまい0-60km/hの加速は鈍いです。 2速ホールドで走るとそれなりにきびきび走ってくれます。

(エンジンルーム)

エンジンはドノーマルの1200ccのはずです(グレード不明)。 1400ccは走り始めでもう少しパンチがあった記憶があります。

12SRと比べて低速トルクがあると思いきや、高回転チューンした12SRの方がゼロ加速が良かったりします (排気系フルチューン+オカルトチューンでパワーアップしているので参考になりませんけど(^^;)。 まあ、代車スペックというのもあると思うんですけど… マニュアルでそこそこ回せばベース車としては面白いかも!?と思わせる雰囲気もあります。

嫁のsuzukiのKEI(ターボで64psの軽四、グレードはワークスの1つ手前)の方がゼロ加速は早いし、 オートマ制御もちょっと踏み込むだけでキックダウンして加速するので良かったりします。 (何気にワークスエンジン積んだミニSUVですんで速いのかも!?)

(インテリジェントキー1)

初インテリジェントキーです。ポケットに受信機を入れておけば鍵開けやエンジン始動などが出来ます。 はっきり言って便利です。ちなみにマニュアル車には付かないので12SRには付けれませんでした(T_T)。

鍵穴はなくエンジン始動は画像左上のツマミを持って、軽く押しながら捻るとエンジンがかかります。

(インテリジェントキー2)

インテリジェントキー用のボタンです。受信機を持っていれば軽く押すだけで開錠されます。 キーレスよりも便利です。

(ドアノブパネル)

何気に内装のドアパネルもシルバーでボディー同色になっています(これって標準?)。 12SRはカーボン調パネルになっています。

走り

せっかく代車で貰ったのだから試乗しない手はないということで、いつものドライブコースを走ってきました。

道はワインディング風の山道で、登りは2速ホールドで上がれば失速することもなく登れました。 足回りは想像以上にキビキビしており、ロールしてコーナーリングが怖いということはありませんでした。 かといって乗り心地もよくなかなかの足でした。

下りで少し攻めてみましたが、スタッドレスタイヤだと標準の足回りで丁度バランスが取れてる感じで、 不安はなく結構攻め込めます。下りだとエンジンも小気味いいサウンドを奏でて吹け上がっていますし、 なかなか気持ちよかったです。ブレーキも車重が軽いので良く効きます。

標準車を買っていじくり回してしまう人がいるのも納得できました。 でも、やっぱり12SRはトータルバランスがすごく良くて走りも刺激的なので、 今更標準車には戻れないなぁ…って感じです。 街乗り車をここまで仕上げたオーテックの技術力の高さに脱帽です。

スポンサーリンク

人気記事

More



back  home