アルトターボRSにも乗ってみた

嫁車候補!?

アルトターボRS

前回、アルトワークスに乗って良かったので、調子にのってアルトターボRSにも乗ってみました(笑)。

とりあえず、自分の車(エッセ)は車検を通すので、嫁車(ラフェスタ)の乗り換え候補(^^;として、家族でスズキに行ってきました。

嫁車は4WD縛りがあるのですが、試乗車もちょうど4WDでよかったです!

アルトワークス(2WD)より、50kg重くて、トランスミッションがAGS(オートギアシフト)という点を考慮してインプレを読んでください。

では、さっそく試乗レポートです。

まず、発進ですが、ブレーキを離すと普通にゆっくり前に進みます(クリープ現象あり)。
AGSは、マニュアルミッションのクラッチ/シフト操作を機械で自動でやるので、普通はクリープしないはずなんですが、機械が器用に半クラッチ(?)で動かしてくれるようです(驚き)。

そこから、アクセルを慎重に踏み込んでいくと...あれれ?前に進まない??
もう少し踏むと、クラッチが滑りまくったマニュアル車のように、ヌルヌル加速しますw
アルトワークスと比べると、ダイレクト感がなくて気持ち悪いです(^^;

慣れれば、そんなものだと思って、アクセル開度を調整するので問題ないです。

1速(Dレンジ)で加速した後の、シフトアップについては、事前に空走感覚があると知っていたのと、マニュアル車慣れしているので、こんなもんかな?...って感じでした。

わかりやすく言うと、マニュアル車でとってもやさしく(丁寧に)シフトチェンジしている時みたいです(空走感は1秒位?)。
自分でやる時のような、スパッ!ガコン!グイーン!という爽快感はありません。
もっと振動があってもいいので、高速(スポーツ)モードがあれば良いと思いました。(ワークスのAGSだと改善されているみたいですが)

一応、マニュアルモードなら、自分で操作したタイミングで加速感がなくなるので、そんなに違和感はないです。

あと、エンジンですけど、ワークス(2WD)ほど加速感を感じませんでした。
普通にターボの加速感はあるんですけど、声を上げるほどじゃなかったですね。
やっぱり、50kgのハンデと、ギア比が違うのが大きいですね。
(ワークスに乗る前に想像していた700kgのターボ車のイメージという感じ)

...ということは、ワークスが想像を超えたのは、クロスミッション(加速重視のギア比)の効果が大きいということですかね?

もしかすると、エッセに同レベルのクロスミッションをぶち込めば、ワークス並みに楽しい車になるかも!?
これはちょっと試してみたいですね~。(いつになることやら...)

ということで、嫁車の買い替えは微妙...という結論になりました。
そもそも、嫁がこの車の良さをあまり理解できてないので、「買おう」という話にはならないと思います(^^;

AGSは、正直10分程度の試乗じゃ全然レビュー時間が足りません。
レンタルして1日走らないと、相性が合う・合わないはわからないと思います。

その点、マニュアルのワークスは、乗った瞬間に馴染んで、「欲しい!」と思わせるパンチ力がありました!

結論を言うと、「やっぱり、マニュアル車が好き!」という、予想通りの答えとなりました(苦笑)。