大晦日にDIYw

お馬鹿なお父さんをお許したまえ~...。

別に今日やるつもりはなかったのですが、水温計の発注ミス(タコが来たw)で広島を2往復している間に、大晦日になってしまいました(涙)。しかも、返品交換なので往復の送料は自腹です。(痛い)

購入品

水温アダプタは見た目と安さで青いのを選びました。
メーターは、DefiのADVANCE BFシリーズを揃えるつもりですが、これってDefiで一番高いんですねw
さて、油温、油圧も揃えれるんでしょうか(^^;

ジャッキアップ

クーラント(冷却液)を抜くバケツが大きいのでジャッキアップします。

クーラント抜き

1リッター位抜けば、良いらしいです。

アッパーホース

水温計なんて、アッパーホースをさくっと切って、アダプタを噛ませば簡単!
...って思っていたんですけど、最近のホースは耐久性向上のため、糸状の繊維が編み込まれており、のこぎりじゃないと切れませんでした(^^;

糸ノコを使うためにはホースを外す必要があるんですが、ホースが固着して外すが非常に大変でした。

アダプタ装着後

苦労してアダプタが付きました。
この後、エア抜きをボコボコやって、クーラントをどぼどぼ漏らしながら、なんとかアダプタが付きました。
クーラントはボディーへの攻撃性が高いので、作業終了後に水で洗い流しておきました。

さらに、エッセはエンジンルームから室内に通すのが、なかなか面倒な車種で、バッテリーやヒューズボックスを外したり大変でした。

いろいろ段取りが悪く、この時点で気がつけば3時間経過...w

配線

でも、室内まで線が来てしまえば、リンクメーターの利点が活かされて、すぐに作業は終わりました。(電源、アース、イリミの配線が不要なのは良いです)

完成

なんとか、取り付けが完了しました!
2連メーターになると良いですね~。

夏まであまり役にたたないと思うかもしれませんが、冬はヒーターを入れるタイミングがわかって意外と役に立ちます。(手動エアコンなので)

クーラント補充

試運転後、減っていたクーラントを補充しました。

ぱっと見ると、タンクの下の方にしか液がなかったので、オートバックスで2リッターも買ってましたが、裏をよーくみると、MAXでタンクの3割位の位置でした(爆)。

くそー、こんなにクーラントいらん!(T_T)