ウイング装着!!しかし...

我慢できませんでした(苦笑)。

前と同じようにカラー塗装を吹きます。

カラー塗装2回目

カラー塗装2回目の画像です。ここまでは順調。

玉発生

3回目の塗装で新しいカラースプレーに交換しましたが、なんか調子が悪い。
スプレー中に「シューーー...プスッ...プスッ...」っと玉が発射!!
塗装面にでかい塗料の玉が飛んで行きました...orz


研磨(リカバリ)

落ち着いて乾燥後に段差がなくなるまで研磨しました。

カラー塗装3回目

再度塗装すれば目立たないレベルにリカバリー出来ました(^-^)

また玉

せっかくリカバリできたのに、この缶スプレー不良品か!?って思うほど玉が飛びまくるので、またぶつぶつになってしまいました...orz。(ここで心が折れました)

クリア塗装

もう玉を直す元気もなく、そのままクリア塗装へw
今回はウレタンではなくアクリルクリアなので、その日のうちに作業できます。
垂れる寸前まで塗ってツヤツヤ!...って思ったんですけど、「垂れてます」(爆)。
今回は出来が悪いのでもういいや状態ですw<秋にリベンジします

あと、乾くと色あせるので、やっぱりウレタンにはかないませんね。

穴あけ

さて、塗装が完全に乾いていませんが、勢いで取り付けまでやっちゃいますww
(塗装の出来が悪いので、もういいやで付けます)

取り付けは両面テープがメインですが、ウイング側中央にビス留め用の穴が空いていたので、車両側にも穴を空けました。
左右の位置は大体出せるのですが、前後が難しく、結局長穴加工みたいになりました(^^;

この場所は、ハイマウントストップランプが付いているところです。
2mm程度の鉄板1枚で外まで付きぬけます。

両面テープ

次にウイングを両面テープで固定するのですが、これがなかなか難しく、ウイング側に両面テープを付けたパターンは、位置が合わず失敗しました。(剥がす時に両面テープがぐちゃぐちゃになり、再度買いに行くはめに...)

画像は再挑戦時のものです。先にフィッティングを行い、境界線にテーピングした後に、車両側に両面テープを貼る作戦にしました。
これなら両サイドの端と手前を合わせれば、それなりの位置で固定できます。
ぎゅっと押さえつけなければ、剥がして位置調整もある程度できます(車両側がメインでくっ付いているので剥がし易い)。

コーキング

場所的に水は入らなさそうですが、念のためお風呂用のコーキングで防水しておきました。

装着完了

非常に苦労しましたが、なんとか形になりました。
両面テープを貼る時に裏返したりして、さらに小傷が増えてますw
盆休みに磨いてみます。

下から

下から見た感じです。
結構出てますね。リアウインドウ付近の渦巻きを解消してくれるでしょうか?

真横

買う前は、水平だと思っていたのですが、ちゃんと傾斜してました。
少しはダウンフォースを発生しそうな気がしてきました。

全体1

全体2

車両全体から見るとこんな感じです。
狙った通り純正チックな自然な仕上がりで良いですね~。

P.S.
8月に塗装するもんじゃないです(^^;<わかっててやったんですけど