チューニング


とりあえずシルビアのチューニング状況とレビューを書いてます。
なんせNAチューン&特別仕様の車なのでチューニングできるとこが少ないです
でもがんばっていじっていくのでなにかの参考になれば良いです。

(画像) (画像) (画像)
2000年8月26日撮影


[STEP1] マフラー&エアクリーナー

マフラー:5ZIGEN ファイヤーボール(SpecS用)
エアクリ:APEX パワーインテーク

(画像) (画像) (画像)

とりあえず定番のマフラーとエアクリを交換してみました。
結論としては体感できるくらい変化はありました。
2つ同時に換えたのもありますけど高回転での伸びが若干よくなりました。
でも低回転のトルクはなくなってしまいました・・・
4000rpm超えてハイカム入るまでかったるいです。

マフラーの音はノーマルが「ビィーーン」だとすると「ブォーーン」って感じになりました。
ハイカム入るとなかなか良い音がします。
アイドリングは結構うるさいので近所迷惑かも(^^;

エアクリはむき出しタイプなのでボンネット開けた時の印象が若干かっこ良くなります(笑)
噂ではむき出しにするとエアーを吸う音が聞こえるって言いますが
マフラーの音で消されて本当に真剣に聞いてないと聞こえないです。

先にいいましたがシルビアAutech用のパーツは少ないです。(T_T)
マフラーも選択肢が2、3個しかなかったし・・・
先が思いやられる…


[STEP2 コンピュータ]

燃調補正機:APEX スーパーAFC

(画像)

次にROMチューン……っといこうと思ったんですが……
予定していた格安の方法は車がしばらく使えなくなってしまうので中止。
ってなわけでとりあえず燃調補正機でも付けてみました。

これはなにをするものかと言うと簡単に言うと燃料の噴射量を増減できる装置です。
んでなにが変わるかというと吸排気系チューンでノーマルより空気の吸入量が多くなってるので
ガソリンと空気の比率が狂ってしまうわけです。これだとパワーがでません。
そこで燃料を増量して理想の空燃比に補正することによってパワーがあがります。

と理論的にはこうなるんですけど効果はいまひとつです。
セッティングが出てないのもありますけど劇的な変化はないです。
多少は速くなってる気がしますがシャシダイとかで計測しないとわかんない範囲です。
まあ液晶付きの画面がかっこいいのでインテリアとしては良いです(爆)
下手なセッティングをするとエンジンがいっちゃうのでわかんない人は手を出さない方がいいでしょう。

本当はHKSのスーパーAFRというのが欲しかったんですがアルテッツァ用しかないということで諦めました。
これだとある程度セッティングは自動でしてくれるので付けるだけで効果はあったんですが……


[STEP3 アルミホイール]

ホイール:RAYS VolkRacing TE37
(17インチ フロント215/リア235、タイヤ YOKOHAMA DNA-GP)

(画像)
これは買う気はなかったんですけど燃調買う時「ホイール買ってくれたら燃調ただであげるよ!」って
言われたのでこれは買わねばってことでローンしちゃいました(笑)
どうせスタッドレス用のホイール必要だったし。

一応17インチですけどノーマルのホイールより全然軽いです!(軽量化の効果もあるかな?)
フロントとリアのタイヤの幅が違いますがやっぱFRだからリアは太めでしょうってことでしました。(^^;
でも低速のトルクないから思いっきり吹かして発進してもすぐグリップしちゃいます(苦笑)
全然パワーがついていってないです(^^;
またしても見た目重視か?(爆)

DNA-GPの方ですけどネオバ高いから妥協して付けたけどグリップは充分高いです。
んであいかわらずドリフトとは縁が遠いです(^^;
でもやっぱし純正のRE711のグリップにはかなわないですね。
トラクションはよくなった気がします。
でもパワー食われるので発進が難しいです。


とりあえず今はこんな感じです。

[今後の予定]
レカロシート2脚(運転席だけは嫌)
GTウィング(かっこいいし速そう)
ハンドル(もう少し小径のを)
サス&車高調(サーキット行くとしたら欲しい)
レーシングプラグ(ちょこっと変わるのか?)
カム(エンジンもういじるとこない)
東名パワード SR2.2 KIT NA用
F-CON/V(まあ買えたら欲しいな)

んで、最終的にはボルトオンターボだ!!(爆) ←ならオーテック買うなっちゅうの(^^;

まあこんな感じです



戻る