ノート NISMO S改造記録
閲覧数:106
TOP > 取付パーツ > 内装(シート) > BRIDE > EUROSTER2

BRIDE「EUROSTER2」

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

取り付け手順3

  1. ショルダーサポートもギリギリ干渉しません。

    IMG
  2. 座面の角度はフラットになって、クラッチ操作がし易くなりました。高さも前4cm、後ろ2cmくらい落ちているようです。(ミラーの調整が必要)

    座面角度 ミラー位置
  3. 室内で何度もシートベルトキャッチャーを脱着していたら、ワッシャーが8の字の部分からカーペットの隙間(内側)に落ちちゃいました(げげ!)。

    取り出すには、内装を全部外してカーペットを巻くるしかありませんが、さすがに辛いので新車のカーペットをカッターで切っちゃいました(T_T)。今からやる人は、テープなどで穴を塞いで作業しましょう。

    8の字穴 カーペットカット

    カット跡は言わなきゃわからないレベルなのでよかったです。

    ワッシャー救出
  4. うーん、外観はNISMOカラー(赤系)と合わないですね[汗]。まあ、純正の不満は解消されることがわかったので、お試しとしてはOKです。

    完成(青外観1) 完成(青外観2)
  5. シートの色合わせは、かなり悩みましたが、青2脚を売って、チャコールグレー(E32KKN) 1脚を購入することにしました。

    チャコールグレー箱 型番
  6. 理由は、助手席側の重量増が思ったより大きい(シートリフタが無い助手席は軽い)のと、純正のバケット形状のシートを生かしたいのが理由です。(予算不足もありますが)

    チャコールグレー中身
  7. シートにリクライニングレバーが2つありますが、不要な方を外して丸いキャップを付けると左右の位置調整の幅が広がります。

    ただ、見えない3つの爪を外すのが、かなり難しかったです。内張り外しで隙間を広げて、狭い隙間に金具を突っ込んだら外れました。

    レバー外し1 レバー外し2
  8. 先ほど説明しましたが、シートベルトキャッチャーをレールの内側(シート寄り)に付けた場合、シート座面とシートベルトキャッチャーが干渉します。(わかり辛いですが真上から撮影した画像です)

    干渉
  9. シートベルトキャッチャーをレールの外側に付けて、シートを限界までセンターコンソール寄りにした場合、隙間はほぼなしのギリギリになります。

    最終クリアランス
  10. この状態でも、ステアリングセンターから1〜2cm右にずれた状態になりますが、運転に違和感はありません。

    センター出し

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

レポートの移動

スポンサーリンク

関連ページ

種別「内装」の関連ページ

人気記事

More



back  home