ノート NISMO S改造記録
閲覧数:12,402
TOP > インプレッション

インプレッション

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ  次へ

エンジン

スペック

無理を承知でテンロクNAの最高峰(EK9)と比較ww。エンジン特性が真逆ですが、ノートニスモSもなかなか侮れません。

車種NOTE NISMO S(E12改)CIVIC TypeR(EK9)
エンジン型式HR16DE [専用チューン]B16B
シリンダー 内径×行程78.0×83.6mm81.0×77.4mm
排気量1.597L1.595L
圧縮比11.210.8
最高出力140PS/6400rpm185PS/8200rpm
最大トルク16.6kgf・m/4800rpm16.3kgf・m/7500rpm
車重1080kg1070kg
PWR7.71kg/PS5.78kg/PS
TWR65.1kg/kgf・m65.6kg/kgf・m

直線や最高速は馬力的にEK9が圧勝ですが、峠やヘアピンの加速などでは低中速トルクが出ているE12改の方が速いかもしれません。

エンジンルーム エアダクト

実走した感想

3ペダル

とにかくレスポンスが良いエンジンです。普通のカタログモデルの場合、燃費を気にしてスロットルが開かないようになっていますが、このモデルは持ち込み登録で燃費表示義務がありませんww。

そのためか、とにかく楽しければOK的な過剰なセッティングになっています(街中では過敏すぎて困る位です[汗])。特に2速 5000rpm辺りのアクセルレスポンスが抜群で、ノーマルなのにNAチューンドカーの雰囲気を感じます。

最大馬力は140psと物足りない数値ですが、0-100km/hは8秒前半(メーター読みではなく計測器(Defi ZD)の値なのでシビア)と、まずまずの加速はします。見た目より車重が軽く(1080kg)、ギア比がクロス気味なのが効いていると思います。

日産のNAエンジンは、高回転が回らないイメージがありますが、このエンジンは淀みなくきれいに回ります。6500rpmという低いレブリミットが煩わしいほど、すぐに回り切ってしまいます。

動画

YouTubeで見る

排気音

マフラー

素直に良い音です。エンジン始動で空吹かしをしたような演出があり、NDロードスターと同じようにやる気スイッチが入ります!。逆に夜中に静かに出庫したい場合に目立ってしまうのが難点とも言えます。

毎回、車を買うと早々に社外マフラーを入れているのですが、これは「純正でも良いかな?」と思えてしまうほどです。4000rpm辺りでクォーンと乾いたエンジン音となりゾクゾクします(良い意味で)。

ただ、純正状態で社外品の静かめなマフラーと同等レベルの音量ですので、気にする人は事前に確認した方が無難です。(この音を楽しめない環境の人はe-POWERが良いと思う)

動画

YouTubeで見る

足回り

純正ホイール 真横

ホイールベースが長いので、マーチみたいにクイックには曲がりませんが、ステアリング操作に対して忠実にラインをトレースできるので、峠レベルでは不満を感じない良い脚だと思います。

サスペンション

街乗りだと、ちょっと固めな印象で、昔ながらの古いスポーツカーみたいです(悪い意味で)。荒れた路面では細かい振動をよく拾う気がします。ホイールを軽量化したらさらに悪化したので、純正ホイールの重量に最適化してあるのだと思います。(HKSの車高調の方が乗り心地が良いです)

まあ、この手の車に上質な乗り心地を求めてもしょうがないので、峠でキビキビ走れる方が良いと思います。もちろん私は純正でも全然許容範囲ですよ[にかっ]

バンパー削れ

あと、純正で25mmダウンは結構低いです。傾斜のキツイ歩道のスロープでは、純正車高でフロントバンパー下を擦ることがあります。日常生活で大きく困るレベルではありませんが、段差はなるべくゆっくり進んで、必要に応じて斜めに横断した方が無難です。

ただ、雪道となると困るレベルであり。通勤が厳しいのでHKSの車高調を入れて車高アップ(フロントを+2cm、リアは+0cm)させています。

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

人気記事

More



home