安納芋の焼き芋&ペペロンチーノ(その2)

やっぱり焼き芋は蜜入りが合うね!

前回、五郎島金時で焼き芋をしたんですけど、甘みの少ない品種なので、シンプルな焼き芋には向いていませんでした。(てんぷらにしたり、味噌汁に入れたりすると美味しんですけど...)

DSC01316.jpg

今回は、コストコで安納芋をゲットしてきました!

この品種は、別名「蜜芋」と呼ばれるくらい糖度が高いので、シンプルに焼くだけでスイーツになると言われています。

DSC01315.jpg

今年の最後のキャンプ向けに買ったんですけど、まずは自宅の石窯レンジで試食してみました。(さすがお高いレンジなので、下手な炭火よりも良い感じに焼けますw)

DSC01318.jpg

焼き芋を割ると、もう色から違いますね!黄色でねっとりした感じで、蜜がたっぷりなのがわかります。

「パクッ」っと一口...。「ん!?うまい!!(^-^)」。

焼いただけなのに、スイートポテトか干し芋クラスの甘みがありますね~。砂糖のようなしつこい甘みじゃないので、とっても美味しいです!

試食のつもりだったけど、もっと食べたくなってしまいました(爆)。(キャンプまで我慢しますw)

あ...、後ろに映ってますけど、料理修行?の方も続けてますよ。

DSC01317.jpg

ペペロンチーノの材料が余っていたので、今週も作ってみました。

一応、前回の反省を生かして油を減らしたら、ベトベトせずに丁度良い感じになりました。(乳化とかは気にせず、適量の油で混ぜればうまく出来るみたいです)

あと、ちょっと見た目重視で、乾燥パセリをまぶしてみました。見た目は良い感じになりましたが、味は変わらないので、やっぱり映え狙いアイテムですねw。(生の本格イタリアンパセリなら風味が出るのかな?)

DSC01313.jpg

あと、アルミフライパンがどこまで使えるかの実験をしてました(^^;。

画像はオムレツを作ろうとした形跡ですけど、完成画像がない点から出来上がりは、お察しください(爆)。
別に不味くはないんですけど、トントンして裏返して、きれいな形にするのは相当難しそうです。

あと、炒飯もやってみましたが、油多めで1人前くらいじゃないと、米がくっ付いて大変なことになりますね(^^;
少量のお試しだと、カセットコンロの強火でも、パラパラになりましたけど、2人前だと混ぜるのに時間がかかるので、くっ付きました。

鉄のフライパンも欲しいけど、調理器具沼に嵌りそうなので、今あるもので遊びたいと思います(^^;