ペペロンチーノを作りたい!

料理は奥が深い。

本題の前に、先週の旅行で削ったフロントバンパーのダメージ状況をお知らせします(^^;

DSC01193.jpg

助手席側は擦り傷程度でしたが、運転席側はがっつり削れてますね~(T_T)。でも、元々黒い部分で見え辛い場所なのでよかったかな?

あと、最近気温が低いので、エンジンレスポンスが良過ぎて運転がし辛いです(^^;。この前の大雨の日に、右折ブロックで強制停車させたれた時に、左に避けて1速でフル加速しようとしたら、歩道の白い部分で盛大にホイルスピンしちゃって恥ずかしかったですw。普段、VDC OFFをしているけど雨の日はOnにしようと思います。


さて、本題のペペロンチーノですけど、元々パスタの中では一番好きで、パスタ屋さんに行くと必ず頼んでました。(ポポラマーマの醤油ぺペロンが大好きだったんですけど、近所の店が閉店してしまい悲しいです)

これまでは、別に自分で作ってまで食べたいと思ってなかったんですけど、たまたま以下の動画を見たら、「あれ?ニンニクと鷹の爪とオリーブオイルだけで作れるの?(簡単じゃね!?)」と思っちゃったんです。あと、休日に美味しいパスタをササっと作れたらカッコいいじゃないですか!(笑)。

DSC01194.jpg

んで、形から入ってしまう人なので、アルミフライパン(ほぼパスタ専用w)を新調しちゃいました(^^;。

IH非対応ですが、フライパンを傾けたり(油を寄せたり)、振り回して調理したいので、ガスコンロの方が良いんです。(イワタニのカセットコンロは、キャンプ以外でも大活躍!)

DSC01196.jpg

大きさは21cmです。Amazonのレビューだと1人用に最適と書いてありましたが、意外と大きいので2人分までは余裕で作れます。(大盛りは無理ですが)

DSC01197.jpg

ポイントはパスタを茹でるお湯の塩分濃度だそうです。人によって違うけど、紹介した動画では1.4%の濃度でした。

画像は2Lに対する塩28gの画像です。結構入れますね~。(ポイントはパスタを茹でる時点で、しっかり塩味を付ける点らしいです)

DSC01198.jpg

材料は、たったこんだけ!

  • アーリオ(にんにく
  • オーリオ(オリーブオイル)
  • ペペロンチーノ(唐辛子
  • パスタ
  • 今回ないけどイタリアンパセリ(映え狙いなのでなくても良いw)

DSC01199.jpg

とりあえず、2人前の想定で調理開始!

  • パスタ 150g ※
  • にんにく 2かけ(スライス&みじん切り)
  • 鷹の爪 適量
  • オリーブオイル 50~60g

※オイルが多すぎたので、パスタを200gに増やすか、オイルを減らした方が良いかも?

動画の通り、冷えた状態からにんにく(スライス)を入れて旨味を引き出すようにしました。油がフツフツしたら、弱火にしてみじん切りと鷹の爪を入れて、こんがりする直前まで火にかけます。

DSC01200.jpg

そこに、オイルと同量くらいの、パスタの茹で汁(お湯でもOK)を入れて、撹拌すれば水と油が混ざり合って、乳化します...。

シャカシャカすると乳化します...うーん、乳化しません(爆)。

やっぱり見るのと、実際にやるのでは違いますね...。(本当はもっと白濁したソースのような感じになります...orz)

一瞬「失敗か!?」と思ったけど、味見したら美味しかったので、そのまま麺を入れて小麦成分で乳化が進むことを期待して作り上げました!

DSC01201.jpg

最終的には、なんとかパスタとして成立する感じに収まりました(ほっ...家族分作ってたので焦った(^^;)
4人家族なので、同じ作業をもう1回しましたが、2回目は5分位で完成しました。(慣れると簡単)

味の方は普通に、本格的なペペロンチーノになりました!(あのシンプルな材料で、この旨味が出るとは驚き!)

ただ、最初に書いた通り、パスタの量が少なかったのか、油が多かったのか、乳化が足りなかったのか、お皿の下に油が溜まった状態になってました(^^;

まあ、料理ど素人が初見で、プロ並みに作れるわけないので、経験を積んで丁度良い分量とテクニックを手に入れたいと思います!

# 本当、最近何目指しているんでしょうww