マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:7,432
TOP > 取付パーツ > オーディオ(その他) > Ritz > Super Fuse

Ritz「Super Fuse」

(2006/06/25)
Ritz Super Fuseの装着レポートです。

はじめに

(ヒューズ比較)

久しぶりにオーディオねたです。というか不注意でオーディオ用のヒューズを飛ばしてしまったので、 以前から気になっていたリッツのスーパーヒューズを付けてみました。 上がリッツ製で下が通常のヒューズです。値段は通常の物の20倍はします! (普通のは2個で100円程度、リッツのは1個で1,050円します。)

準備

用意するものは、以下の通りです。

  • プラスドライバーのみ

取り付け手順

  1. ヒューズボックスのふたを外します。
    (ボックス蓋)
  2. オーディオ用のヒューズは、一番右端の10Aの物です。 しかし、このヒューズはACC電源用(イグニッションONで電気が通るもの)であり、 デッキ本体の電源は常時電源から取っている可能性が高いので、 換えてもあまり意味がないかもしれません(^^;(ACCは電源ONのためのスイッチでしかない?)

    右下の黒いものは、ヒューズ取り外し用のピンセットです。
    (ヒューズボックス)

  3. ピンセットはこの用にして使います(なかなか便利なものが付いています)。
    (ピンセット)
  4. マーチのオーディオデッキの外し方はヘッドユニット交換を参照してください。
  5. デッキの裏にヒューズが付いています(これはメーカによって違うかも?)。
    (デッキヒューズ)
  6. リッツのヒューズに交換します。左は純正、右はリッツ製。
    (交換前) (交換後)

インプレッション

さてインプレッションに行こうと思ったのですが、 このヒューズにはどうも極性というものがあるらしく向きによって特性が変わるようです。 しかも、どっち向きが正しいという決まりはなく、実際の音の違いを聴き比べて良い方を 採用するという地道な方法しかないようです。

とりあえず、2個交換なので2×2の4通りを試してみました。 結果は…うーん違いがわかりません(爆)。 そういうこともあろうかとテスターで電圧を測ってみましたが、こちらも特に変化なしでした。 結局、どっちでも良いやということで適当に付けました(苦笑)。

さて肝心の音の方ですが、同じ音量でも多少音量が大きくなった気がします。 低音も出ているような気がします。…が気のせいのような気もします(笑)。 細部に良いパーツを使っているという気持ち的な優越感の方が高い気がします(^^;

オーディオ以外の箇所を交換すると、パワーアップや燃費向上などの効果も得られるそうですが、 こちらの場合、音ではなくエンジンフィーリングでヒューズの向きを判断しなければならず、 ある程度実績のあるお店でやってもらわないと効果がでないそうです。

スポンサーリンク

関連ページ

種別「オーディオ」の関連ページ

More

人気記事

More



back  home