マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:9,784
TOP > 取付パーツ > エコ(トルマリン) > トルマリンチューン

「トルマリンチューン」

(2005/05/28)
排気系へのトルマリン(N-SEV)の取り付けレポートです。

はじめに

(取り付け位置)

マフラー交換のトルク不足の改善のため、前の車でも非常に効果のあったトルマリンチューン (通称「なんちゃってSEV」とも呼ばれている)をマーチにも施してみました。

実は、以前から前の車の余り物のトルマリンシートを、吸気側のエアダクトに巻いてあった のですが、まったく効果がありませんでした(とりあえず付けていただけ)。

もともと、前の車でも吸気側への取り付けでは効果がありませんでしたので、 期待はしてませんでした。

では、どこに付けると効果があったかというと、上の画像の通り砲弾マフラーのタイコ(サイレンサー)の手前です (友達の車の純正マフラーだと効果がなかったりしましたが、砲弾マフラーとの因果関係はなぞです)。 トルマリンは熱を好むので、マフラー部分に合っているのだと思います。取り付け箇所は、基本的に抵抗の多いサイレンサーの手前が良いと思います。

取り付け

用意するものは、以下の通りです。

商品名 購入金額
エコトルマリンシート
(30cm×30cmくらい)
\900
銅板(0.1mm or 0.3mm) \500
ステンレスホースバンド
(マフラーの太さに合わせて70〜80φ)
\165

トルマリンは銅板と合わせることにより、一層効果が増すらしいので、 「シート→銅板→シート→銅板」とパイ生地のように重ねた物を使用します (私の場合は「シート→銅板」×4層くらいにしました)。

ただ、トルマリンシートは熱で溶けるので、マフラーには触れる部分(高温になる方)に銅板が来るようにしてください。 こうすれば、溶けてもマフラーにくっ付いて取れないということはありません。

インプレッション

さて、効果の程ですが…、笑っちゃうほど低速トルクがアップしました(笑)。

e-manageを使っても補い切れない、1500〜2000rpmの吹けも良くなったので運転しやすいです。 坂道でも失速しにくくなりました。 史上最強にコストパフォーマンスが良いので、皆さんも是非試してみてください。 効果がなくても、安い買い物なので後悔しないと思います。

取り付けによるデメリットもなしです。 かっこ悪いという話もありますが、潜らないと見えないのでOKでしょう(^^;

スポンサーリンク

関連ページ

種別「エコ」の関連ページ

人気記事

More



back  home