マーチ改造記録 (旧マーチのある生活)
閲覧数:8,222
TOP > メンテナンス > オーバーホール(ブレーキ) > ブレーキキャリパーのオーバーホール

「ブレーキキャリパーのオーバーホール」

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

組み立て

  1. 新品のゴムパーツを取り付けて行きます。ここから先はグリースで手がべとべとになるので画像は少なめです[汗]

    新品ゴムブーツ1 新品ゴムブーツ2
  2. ピストンシール、ピストンブーツ、溝に付属のグリース(赤色)を塗ってから取り付けます。360度溝にキレイにはまっていることを確認してください。ピストンにはブレーキフルード or グリース(赤色)を塗って、ブーツをピストン側の溝にひっかかるように取り付けてください(右の図を参照)。

    溝詳細 整備要領書
  3. 取り付けが完了するとこんな感じになります。ピストンの露出する部分にはワコーズのブレーキプロテクターを塗って防錆対策をしておきました。

    ピストン組付後1 ピストン組付後2
  4. スライドピンのピンブーツを新品に交換します。

    新品ピンブーツ2

    古いピンブーツを抜いて、新品のピンブーツに付属のグリース(オレンジ色)を塗って挿し込みます。

    ピンブーツ装着箇所
  5. 後は、キャリパーを元通りに組み立ててください。

  6. 最後に、ブレーキのエア抜きを行います。キャリパーオーバーホールの場合、フロントだけでも良いのかもしれませんが、念のためリアも実施しました。

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

人気記事

More



back  home