ライフスタイルを変更

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • 共有:

ブログを書き溜めてみる(爆)

前回体質改善すると良いましたが、さらに調べると「低血糖症」というキーワードが自分の症状に良く合います。

 

どんな症状かと言うと、空腹時に糖分(白砂糖、白ごはん、白い食パン、その他炭水化物、甘いもの)を食べると、血糖値が急上昇し、体がびっくりして血糖値を下げるが、一気に下がり過ぎて食後2~3時間後に低血糖状態になる。

 

低血糖状態になると以下の症状が出ます。

  • ものすごくだるい
  • 眠い
  • 頭痛
  • 震え
  • やる気がない
  • イライラする
  • フラフラになる
  • 無性に甘いものが欲しくなる

 

朝は食パンだが、食パンは物すごく血糖があがるらしい、さらに甘いジャムやはちみつを付けて食べていたのだから最悪だ(^^;

いつも午前10時~11時頃に会社で死にそうになるのはこのせいか?(PM3時ごろもやばいが)

低血糖だと飴やチョコを食べれば良いと思っている人が多いが、一時的に回復するが、後々さらに悪化するのでやめよう。

 

血糖は食べる順番である程度上昇が緩和する。

「野菜」→「味噌汁」→「豆類」→「肉・魚」→「ごはん」(玄米だとさらに良い)という順番がベストだ。

(「低GI」な食品から順番に食べると覚えると良い)

コース料理なんかは、似た順番になっているのは、体のことは考えているからだと思う。

 

朝時間がない人は、少々高いが「ケロッグ オールブラン」に無調整豆乳かけて食うのが楽。

オールブランにも2種類あって棒状は食物繊維が多いがまずい!。初心者はフレークタイプが良い。結構甘いので無調整豆乳をかけても食べやく、だるくなりにくい。

どうしてもパンが良い場合は、全粒粉の小麦粉を買ってきてホームベーカリーでパンを作るしかないだろう。

 

腹は8分目で寝る前に消化が終わっているのがベスト(寝る3時間前に終わらせる)。

夜食食って寝ると「睡眠時も胃腸が休めない」。<夜中に牛丼・カップ麺なんて食ってたけど…あはは(^^;;

 

あと、白砂糖は悪以外のなんでもない。(検索すると背筋が凍る!)

 

問題なのは、食生活だけではない。

寝る瞬間までTV&PCを使い続けるのは、熟睡できず疲れを貯める原因である。

一般的には「寝る3時間前にはTV&PCをやめろ」と言われている。

 

でも、ネット巡回している人には、それはちょっと無理だろうと思った(^^;

しかし、考え方を変えてみると「熟睡して睡眠時間を減らせれば朝2~3時間増えるじゃないか!」と思った。

最近はこの作戦を実験しているから、ブログの更新がなかったりします(苦笑)。

早起きしてるんですけど、限られた時間だとブログ書く気がしないです(^^;

 

…ということで、ライフスタイルを激変させて、お爺ちゃんみたいな生活(爆)をしていますが、まだ劇的な変化はないです。(死ぬほどだるくなる回数は減ったかな?)

蓄膿、鼻炎は直らないですね。さらに喉が痛くなってきたりして、抵抗力は上がってるんだか、下がってるんだか…(^^;

さて、いつまで続くことやら。(飽きたらやめるかもね(笑))

 

調べれば調べるほど、世の中に市販されている食品が毒にしか見えなくなっていきます(^^;

いやマジで農家とか自給自足に憧れます。