エッセ改造記録
閲覧数:408
TOP > 取付パーツ > 吸排気(エキマニ) > Jworks > AutoJuwell N1 MetalCatalyzer

Jworks「AutoJuwell N1 MetalCatalyzer」

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ  次へ

取り付け

  1. 純正エキマニは、遮熱板に囲まれていて、エンジンルームからは見えません。

    純正エキマニ
  2. とりあえず、邪魔なバンパー外します。外し方は、ストレーキのレポートを参照してください。

    バンパー外し後
  3. O2センサーを外します。一応、O2センサーソケットという専用ツールを持っていたのですが、上部の鉄板に当たるので、モンキーレンチを使用して緩めました。[しくしく]

    O2センサー1 O2センサー2
  4. O2センサーのカプラーを外します。

    カプラー外し
  5. O2センサーの固定クリップみたいなやつが曲者で、圧着されているので、マイナスドライバーなどを隙間に突っ込んで、広げます。クリップが3mmほど広がれば、コードが取れます。

    コード固定部1 コード固定部2
  6. 遮熱板のネジを3本外せば、遮熱板が取れます。(狭いのでぐちゃぐちゃになりました[汗])

    遮熱板
  7. エキマニを固定しているボルトとナットを計4本外します。

    純正エキマニ
  8. ネジがスムーズに取れるかが肝なので、ネジ類にはすべてCRC556をたっぷり塗って緩みやすくしておきましょう!

    CRC556
  9. このナットに普通のソケットを差し込むと、エンジンから突き出たボルトに当たり、しっかりと差し込めません...。

    ボルト突出
  10. 12mmのディープソケットがあれば良いのですが、エキマニ購入で散財したので、ソケット代も惜しい!...ということで、ダメ元でソケットを半挿しにして回したら、ナットを緩めることに成功しました!

    ソケットレンチ1 ソケットレンチ2

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「吸排気」の関連ページ

人気記事

More



back  home