エッセ改造記録
閲覧数:273
TOP > 取付パーツ > 内装(シフト) > ダイハツ > コペン純正シフトレバー

ダイハツ「コペン純正シフトレバー」

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ  次へ

取り付け2

  1. いよいよグラインダーの出番です(新品のシフトリンケージを用意している場合は不要な作業です)。

    グラインダー
  2. カシメピンは、2枚目の画像の薄い方を削ります。反対を削ると抜けなくて大変なことになるので注意しましょう(やっちゃった人からの助言ですww)。

    カシメピン1 カシメピン2
  3. うーんと、境目が見えないんですけど、抜けるのか!?

    削り後
  4. 案の定、金づちとドライバー程度では全然抜けず、非常に苦労しましたが、いろいろ試してなんとか抜けました。(ここが一番時間がかかった作業で、素直に新品シフトリンケージ買えばよかったと後悔しました…)

    ピン抜き工具 外し後
  5. グラインダーで塗装が剥げたところは、錆びないようにタッチペンなどで補修しておきます。

    錆止め
  6. シフトレバーの比較画像です。全然長さが違いますね。

    シフトレバー比較
  7. 無事外れたら、購入したコペン用シフトレバーを取り付けますが、そのままだとスカスカでうまく固定できませんでした。

    コペン用仮付け
  8. 純正(左)とコペン用(右)を見比べると、プラスチックの部品があったので、それを移植する必要がありました。

    カラー移植前 カラー移植後
  9. プラスチックの部品の画像です。

    カラー
  10. これで、きっちり固定出来るようになったので、あとは可動部にグリスアップして、逆の手順で元に戻せば完成です。

    グリス

全4ページ(  1   2   3   4  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「内装」の関連ページ

More

人気記事

More



back  home