エッセ改造記録
閲覧数:5,143
TOP > 取付パーツ > 外装(エアロ) > Spiegel > リアウイング(FRP白ゲルコート)

Spiegel「リアウイング(FRP白ゲルコート)」

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

取り付け手順(3/3)

  1. ウイング本体は両面テープで付けるので、ウイングの形に添ってラインを出して、位置がずれないように両面テープを貼ります。

    ライン出し 両面テープ
  2. 穴を開けた部分は防水のため、バスボンド(コーキング剤)を塗りました(錆止めにタッチペンも塗ってあります)。

    バスボンド塗り バスボンド
  3. 両面テープの上にウイングを貼り付けます。1発勝負で位置合わせがかなりシビアです。ここでライン出し用のテープが役に立ちます。できれば左右を持つ人と中央のネジ穴確認する人が欲しかったです[汗]

    ウイング貼付
  4. 何度か失敗して両面テープをだめにしましたが、なんとかビス留めまで辿り着きました。

    ビス留め
  5. でも、ビスの噛み込みがいまいちで不安だったので、後日ハンドナッターでボルトの受け口(インサーナット)を打ち込みました。

    ハンドナッター リベットナット
  6. 本当は一旦ウイングを外して作業しようと思いましたが、あまりに固くて取れないので、ボディーの鉄板ごと圧着しちゃいました。逆に言うと両面テープだけでもかなりの強度だということなので、ここまでする必要はないかもしれません(5年、10年後までを考えた保険という意味合いが強いです)。

    打ち込み後 ボルト留め後
  7. 最後に塗装が完全に乾いた後に仕上げの研磨を行えば完成です。

    仕上げ研磨 研磨後

全5ページ(  1   2   3   4   5  )  前へ  次へ

スポンサーリンク

関連ページ

種別「外装」の関連ページ

More

人気記事

More



back  home