クロスミッション 封印開放!

ついに全開モードです!

その前に、熊本・大分の地震が想像以上で非常に心配です。
想定外の連続地震で大変でしょうが、一刻も早く救出・復旧することを祈っています。
(どこかで募金をしてたら協力させていただきます)

走行距離

さて、クロスミッション化から2週間で653km走行しました。

ディーラー

慣らしは十分なので、土曜にディーラーでミッションオイルを交換してきました。
特に問題なく終わったのですが、整備士の人がこんなことを言ってました。

整備士「オイルどこかで換えました?」
私  「ちょっと前に換えましたけど?」
整備士「抜いたオイルがサラサラだったんで...」
私  「あー、そういえば(ダイハツ純正がないので)ホンダ用のを入れたと言ってました」

家に帰って調べてみると、ホンダ用って自社製のトランスミッションに合わせて、とても柔らかいミッションオイル(エンジンオイル並み)を使っているらしいですね(^^;
(どうも部品のクリアランス(隙間)が小さく、固いオイルだと行きわたらないそうだ)

まあ、慣らし運転中だったので問題なかったと思いますけど、やっぱり純正じゃないと不安ですよね~。(結果的に、慣らしをやって正解でした!)

ミッションオイル交換後は、ギアの入りがかなり良くなりました!(やっぱり純正だね!)

シフトノブ

あ、そうそう。注文していたシフトノブが先週中ごろに届きました。
RAZO「スポーツグリップノブ レザー400 ブルーステッチ」です。

装着後

試しに装着してみた画像です。
ただ、いろいろあって、現在はRAZOのカーボンノブに戻してますw

良い点

  • 正面からの握り心地が良い
  • 本革で青ステッチが良い
  • 重めの400gでシフトチェンジが楽
  • 高さは2段階選べるが、コペンシフトレバーの場合はローポジで丁度いい
    (純正レバーだとローポジでも高く感じるかも?)

悪い点

  • 奥から手前にシフトチェンジする場合、尖った部分が変な感じ
    (3→2速とかで手のひら返して左下に押し込む場合とかあるでしょ?あれがやり辛い)
  • 先っちょが奥に曲がっているので、握って1速に入れると手が伸びきってしまう
    (元々ギリギリの距離だったので、僅か数cmの差で伸びきる)
  • 青ステッチがシフトブーツの水色と微妙に合ってない

違和感は慣れでなんとかなりそうでしたが、残り2つの欠点は、シフトレバーの位置調整(アジャスター)と、シフトブーツの交換が必要になり、今は追加金が出せないので、前の仕様に戻すのが無難と判断しました。
このノブは、しばらく眠らせておくことにします(苦笑)。

クロスミッション化の全開加速と、スピードメーターのずれについては、Youtubeを参照してください。
(以下に動画を埋め込んでおきます)

全開加速動画

前は3速入れたら「暇だなぁ...」って感じでしたが、今回は1~3速まであっという間で、心地良い音と加速感が続きます。
4速は多少回転が落ちますが、峠では使わない領域だし、ミニサーキットでは吹け切ることはない、大きいサーキットだと逆に最高速が伸びてほしいのでこれ位が良いと、特に悪い面は見つかりません。

これで不満がある人は、RSマッハのサーキット用フルクロスを入れるしかないです。
(ゲームでのシミュレートでは、鈴鹿サーキットの直線で吹け切ってしまいますけど(^^;)

ゼロヨン計測

ゼロヨン計測は前からやってみたかったので、やっと出来たという感じです。
タイムは18.7秒です。本気を出せば18.5秒以下も行けそうな感じでした。

とあるサイトによると、S660が18秒を切る位で、アルトターボRSが18秒ちょい超えらしいので、やっぱりターボは速いですね~。
NAだと、旧規格のビートやトゥデイが上記と同等のタイムを記録してますが、新規格の軽NAの中ではエッセはかなりがんばっていると思いました!(まあ、サイトに記載のタイムはドノーマルですけどw)

スピードメーターのズレ検証

スピードメーターのずれは、GPSとECU(エンジンコントロールユニット)の信号が、ほぼ同じだったのでずれはないと言えます。
EUC信号と純正メーターのずれは酷いもんです。(前にブログで言った件を動画化したという内容です)