バッテリー交換

2台とも青色のカオス(笑)な物になりました。

バッテリー交換

3月は、エッセの1年点検と、ラフェスタの半年点検が同時に来ます。
そして、2台とも「バッテリーがそろそろ弱って来てますね~」とのこと。
(エッセは中古なので買った日は違うけど、車両製造年はどちらもほぼ同じです)

バッテリーはPanasonicのカオスシリーズを入れたいなぁ...と思っていたので、ディーラーでは換えずに、通販で購入しました。

バッテリー達

容量アップよりも、軽さを重視しているので、カオスライトを選びました。
ライトと言うと弱そうに聞こえますが、純正と同サイズなので、こっちがノーマルでも良いのにね。販売戦略か?(苦笑)

エッセの非寒冷地仕様用は、該当サイズがもう売ってないというほど小さいサイズ(26B17L)です(^^;。
個人的には、レース用みたいで好感が持てます(笑)が、ないものはどうしようもないので、「44B19L」にサイズアップしました。(純正7.4kgから9.0kgに重量アップ...)
でも、お値段は5千円以下で、とてもリーズナブル!(軽って良いね!)

ラフェスタは4WDの寒冷地仕様ということで、馬鹿でかい80D23Lが純正なので、同サイズでも、1.2万円ほどかかってしまいます。(ディーラーだと2~3万と言われた気が...)

エッセ交換後

エッセの方は、バッテリーが丸見えで、重量も軽いので、さくっと交換できました。

エッセ交換後2

バッテリー全体も良く見えて青が映えますね~。
今のところ、走行性能のアップなどは、体感できるほどはないですね。
(オーディオもよくわかりません(^^;)

ラフェスタ

ラフェスタの方は面倒なんですよ。
なんと、エアダクトがバッテリーの真上を通ってるんです!(設計がいまいち)

まあ、クリップ2つと、金具をパッチンと外せば取れるので、良いんですけど、とにかくバッテリーが重くて腰を痛めそうです(^^;(手を伸ばした状態で、15kgの箱を持ち上げる感じ)

ラフェスタ交換後

無事、腰を痛めずに交換できました(^^;
ダクトを戻すと、ほぼ見えなくなりますが、少しだけ青いのが見えるので、カオスが入っているのはすぐにわかります。

嫁車なので、効果は不明です。
オーディオのボリュームを上げると、今までより良い音がしたような気がしました。(気のせい?)

最後に、廃バッテリーを日産に捨てに行った(爆)のですが、諸事情によりエッセで行ったので、少々ややこしかったです。
ずっと担当だった人が昇進して、別の店に行ってしまったので、顔パスの担当者がおらず、事情を説明するまで、引き取りを渋られてしまいました(^^;<まあ、当然か
通販は安いけど、後処理が少し面倒ですね。

これで、点検後の不安点は全部解消したので、春から気持ち良くドライブできます!(^-^)